Unoccupied house investment

空き家再生

空き家を減らして、再生可能な社会を実現する

全国の空き家率は増加の一途をたどっており、
平成25年においては空き家数が820万戸、空き家率が13.5%となりました。

5年前と比較すると、空き家数は63万戸の上昇し、空き家率は0.4%の上昇しています。

空き家数および空き家率の全国推移データ

なぜ空き家が増え続けているのか?

その原因は、人口減少・長寿命化・都市部雇用集中・制度または利権などが絡み合っていることだと言われています。これらの問題は現在も進んでおり、空き家問題はこれからさらに深刻化していくとされています。

空き家による社会への弊害

害獣・害虫の温床

景観上の問題

不法侵入や不法占拠

放火リスク

空き家対策をする事で
近隣に対する好循環になる事がわかっております。

フラクタルは、空き家対策+高利回りでこの相反する問題に取り組んでいます。