空き家をゼロに

不動産投資とは?>
リフォーム/古家再生>

 

フラクタルの不動産投資

 

 

何故我々フラクタルが空き家不動産投資に特化するのか?

 


全国の空き家率は増加の一途をたどっており、平成25年においては空き家数が820万戸、空き家率が13.5%となりました。

 

5年前と比較すると、空き家数は63万戸の上昇し、空き家率は0.4%の上昇しています。

 

 

 

(「総務省統計局 平成25年住宅・土地統計調査 特別集計」より)

 

 

なぜ空き家が増え続けているのか?

 

その原因は、人口減少・長寿命化・都市部雇用集中・制度または利権などが絡み合っていることだと言われています。これらの問題は現在も進んでおり、空き家問題はこれからさらに深刻化していくとされています。

 

 

 

空き家周辺への悪影響

 

 

 

たとえ空き家になっても、自然に朽ち果てて土に還るものではなく、人工物が残ります。

 

 

徐々に傷んだ空き家は、次第に崩れ倒壊の危険が増したり屋根材などが飛散したりと、その敷地内だけの影響では済みません。

 

 

また、人がいないと害獣・害虫の温床になりやすく、やがて周辺へ拡散をみせます。

 

 

最近頻繁に起こる、集中豪雨による浸水被害を受けてもそのまま放置されるので、
極めて不衛生かつ危険な状態に変わってしまいます。

 

 

空き家を放置すると近所迷惑になりやすい要素が多く、地域によっては景観上の問題にも発展し、その影響度は大きいと考えられています。

 

 

 

 

 

犯罪の増加空き家があることで犯罪が増加するとしたら、まずは不法侵入不法占拠です。
ただし、それだけでは所有者に対する不法行為なので周辺まで至りません。

 

ところが、死角になった空き家の内部で犯罪が行われるようでは、周辺の治安にも影響しますし、安心して暮らすことができなくなります。

 

 

 

 

そして最も悪影響を与えると思われる犯罪は、
空き家への放火の増加です。最近は、空き家への放火がニュースで取り上げられることも多くなっています。

 

しかも放火犯は、連続して放火をする傾向が強く、空き家の多い地域は格好のターゲットになってしまうことから、朽ちた木造住宅は相当危ないと言えます。

 

 

空き家対策をする事で、
        近隣に対する好循環になる事がわかっております。

 

  フラクタルは、空き家対策+高利回り
       この相反する問題に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

しかし、ただ空き家をリフォームし、戸建て賃貸として貸し出しては利益最大化の実現はできません。

 

リフォームに多額の費用をかける必要はありません。

 

費用対効果を考えた適切なリフォームを行えば、入居検討者に十分選んでいただける部屋を作ることが可能です。

 

 

 

 

このように、表層中心の色でアピールするリフォームをすることで
コストを抑えることができます。

追加の設備投資は、費用対効果を考慮したうえで必要と判断できればご提案いたします。
当社は安価なリフォーム提案により、オーナー様の利益最大化を実現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>フラクタルの不動産投資はこんな方におすすめです。<<

 

 

不動産投資初心者の方。

 

不動産投資で上手くキャッシュ回っていない人。

 

物件を所有しているが、リフォームの内容と予算で悩んでいる人。